TOP » か行

「か」

・カワサンフォール・・・セブ南部にあるエメラルドグリーンの滝。日本では想像のつかないような綺麗な滝にビックリしますよ!

・韓陽苑・・・美味しいと大人気な高級焼肉屋さん。なんと日本人の方がオーナーなんです!

・カビラオ・・・ボホールの西に浮かぶカビラオ島周辺にはバラクーダの群れが見られるとしてダイビングスポットとして人気。マクタン島からも2時間ほどと、日帰りの圏内にある。

・カサベルデ・・・大人気のアメリカン料理のお店。オススメのメニューはリブ!安いのにボリュームがあって、美味しいですよ!

 ・カルボンマーケット・・・セブシティの中でも最も古く、規模の大きなマーケット。

・海舟・・・地元でとれた新鮮な魚介と和の素材を使った本格的な日本料理が食べられる。

・ガイサノマクタン・・・マクタン島内にある最も大きなショッピングセンター。地下1階にフードコートと食料品がある。

・カクレクマノミ・・・イソギンチャクを住み家にする人気種。3本の白いラインが目印。

・カジノフィリピーノ・・ウォーターフロントセブホテル内にあるので安心して遊べるセブで最も高級感のあるカジノ。内部にはレストランも入っている。

・カフェジョージ・・・現地駐在員の奥様御用達のカフェ。シックなデザインの店内で食べられるのは10種類以上揃う自家製のデザート。

・カレッサ・・・タルタニーニャとも呼ばれる2輪の馬車。近場の移動に使われ、アスファルトの道路を自動車と一緒に走る。料金は20ペソより。

・カルデレーダ・・・主に牛肉と野菜をピリ辛のトマトソースでじっくり煮込んだ家庭料理。

・カラマンシージュース・・・ビタミンCが豊富なカラマンシー果汁100%のジュース。砂糖で甘くしてあるので、レモンスカッシュ風で飲みやすい。

・カンクン・・・東南アジアでよく見かけるカンクンはクウシンサイのこと。さっと炒めたシャキシャキ感が最高。

「き」

・キラウィン・・・魚やエビ、イカなどの刺身を酢漬けにしたもの。生ものなので信頼できる店で食べよう。マンゴー入りもある。

・ギンガメアジ・・・多い時は数百尾の群れがの奥様御用達のカフェ。シックなデザインの店内で食べられるのは10種類以上揃う自家製のデザート。

「く」

・クリスピーパタ・・・豚足をたっぷりの油で揚げたダイナミックな料理。外側はパリパリ、中はジューシーなのが特徴。

・クリムソンホテル・・・小じんまりとした白砂のビーチをもつアットホームな雰囲気のリゾート。エントランスは高台にあり、プールから海へと連なるシンメトリックの眺めを楽しめる。緑が鮮やかな庭に通路が造られ、爽やかなスカイブルーのプールを中心に、ヴィラタイプの客室棟が並ぶ。建物が低層なので圧迫感がなく、のんびりとくつろげる居心地の良さが魅力だ。

・クエストホテル・・・目の前にアヤラセンターセブがあり、市内観光中心の滞在にはぴったり。リゾートとは一味違う、クリーンでスタイリッシュな空間でくつろげる。

・クルトゥラ・・・SM(シューマート)内にある一番大きなおみやげ店です。セブに関するメジャーどころのお土産は、ほぼ全て揃う人気店。Tシャツやマグカップなどの定番商品から、アクセサリー、中には葉巻や伝統衣装などもおいている、覗くだけでも楽しいお店になっています。

「け」

「こ」

ココレレ・・・ココナッツで作られているウクレレの通称。ココナッツの丸い実で作られるので、ココレレのボディーの裏側は半円のような形をしており、主にお土産として流通しています。

・コスタベリア・トリピカル・ビーチ・リゾート・・・樹齢100年を越えるヤシの木が天高く伸びる、トロピカルな雰囲気のリゾート。堤防に囲まれた静かな海に面して真っ白な砂浜が伸びる。組木の床に観葉植物を配した客室は、洗練されたコロニアル調のインテリアに飾られている。

・コルドバ・リーフ・ヴィレッジ・リゾート・・・マクタン島の南端にひっそりとたたずむ隠れ家リゾート。客室は円錐形の屋根が印象的な1棟独立型ヴィラで、ゆるやかな曲線を描く室内の壁が不思議な感覚にさせる。熱帯植物に覆われた広いプールが南国気分を盛り上げる。