TOP » セブ島・マクタン島 Q&A

Q:時差は?

A:日本との時差はマイナス1時間。日本が12:00のときフィリピンは11:00です。セブ島(マクタン島)でのツアーにて、出発の時間などは全てフィリピン時間でのお知らせとなりますのでご注意下さい。

Q:天候と服装は?

A:フィリピンは一年を通して気温の高い熱帯性気候で、平均気温は26~27℃。雨期(6~11月)と乾期(12~5月)があります。しかし地域差があり、セブでは一年を通して明確な雨期がありません。非常に暮らしやすい南国の気候です。

服装は年間を通して日本の夏の服装でOKですが、レストランやショッピングモールなど冷房が強く効いていることがあるので、上に羽織るものがあると安心。3月末から5月が真夏で降水量が少なくなるので、マリンスポーツには最適です。

Q:言葉は?英語は通じますか?

A:セブではビサヤ語(セブアノ語)が日常で使われています。フィリピンの学校の授業は英語で行われているため、英語の普及率もかなり高く、日本と比べると圧倒的に英語が話せる方が多くなっています。映画館での上映は基本的に全編英語なので、一部の方はネイティブレベルの英語も十分に理解できます。現地での観光の際には英語で簡単なやり取りが出来れば、意思疎通が取れないということはほとんどありません。

ちなみにフィリピンの公用語はタガログ語でマニラを中心に広く使われていますが、セブ島(マクタン島)では基本的にビサヤ語しか使われないため、マニラの方がセブに来るとビサヤ語がわからず、英語を使うということがあります。それだけタガログ語とビサヤ語には大きな違いがあることがわかります。

Q:通貨とレートは?

A: 通貨単位はフィリピン・ペソとセンタボ。(1ペソが約2.7円/2015年現在)
1ペソ=100センタボで、硬貨の種類は、センタボが、5、10、25、ペソは、1、5、10の計6種類です。また、紙幣は、 10、20、50、100、200、500、1,000ペソの7種類あります。

ペソを使うときに気をつけたいのは100ペソと1,000ペソです。色がかなり似ているので見分けがつかず、特に夜間などは誤って1,000ペソを出してしまうケースがあります。必ず数字で紙幣の額を確認して使うようにしましょう。

Q:両替はどこでしたらいいですか?

A: 空港内、ホテル、市内の銀行や両替所で、円やドルから両替をすることが可能です。一般的にホテルの両替はレートが悪く、ショッピングモールや街中の両替所はレートが良いとされています。レートが一番悪いのは日本の両替所・銀行なので、現地に着いてから両替をする方がいいでしょう。

また、一般的に空港のレートは悪いと思われがちですが、フィリピンの空港はレートがそれほど悪くないので、マニラやセブ到着時に少し両替しておくことをお薦めします。また、帰国時に余ってしまったペソを再両替する場合は換算レートがかなり悪いので必要なペソだけをこまめに両替されると良いと思います。

リゾートが集中するマクタン島内であれば「マリーナモール」内のスーパー「SAVEMORE(セーブモア)」の中にある両替所、セブ島であればSM(シューマート)やアヤラセンターセブなどの大規模モールや、ITパークなどのレートがホテルよりも良い傾向にあります。

Q:現地での水(水分補給)は?

A: 生水や水道水は直接飲まずに、市販のミネラルウォーターをご利用下さい。現地の方も水道水を飲料水には使っていません。水の清潔さはそこまで悪くないのですが、マクタン島は特に島全体がサンゴの隆起によってできているため、サンゴの土壌を通って水が配給され、非常に石灰質が高い水になるため、お腹を壊してしまうことになります。

水はホテルで1日1本無料のペットボトルが提供される事が多く、それ以外にもコンビニやモールなどで気軽に購入することができます。値段も20ペソ程度(約50円)と非常に安いので、こまめに水分補給をして熱中症対策を行っておくことをおすすめします。

Q:電気と電圧は?

A:フィリピンの電圧は220V60ヘルツです。100ボルトの日本の電気製品を使うには変圧器が必要です。携帯電話の充電等には十分注意してください。ホテルによっては110Vのコンセントがあるところがあるので、ガイドやホテルのスタッフに確認して下さい。

最近では日本と異なる海外の電圧の中でも利用できる電化製品が非常に多くなってきました。使えるかどうかは各電化製品の、充電器に記載されている事が多いため利用の際には確認してみてください。ただし、ドライヤー等熱を発生させるものについては、利用できるとの記載がある場合でも稀にショートしてしまうこともありますのでご注意下さい。

Q:チップはどうすればいいの?

A: チップの習慣はありますが、それほど厳格ではありません。ホテルや高級レストランは支払い時にサービス料が料金に含まれている場合があります。(レシートをチェックしてください。Service charge と記入されてあれは、その金額がチップ代わりです。)それ以外のレストランでは通常10%と言われていますが、小銭や端数などの小額程度でも大丈夫です。

ホテルのポーターを利用された場合は、荷物1個につき50ペソ、枕銭も一人50ペソ位が目安です。また、町中のローカルスパなどでは、施術終了後にチップ入れの袋を渡されることもあります。少額の紙幣がない場合は、1ドル札を置くことでその代わりとすることもできます。気持ちのよいサービスを受けた場合には、自分の気持ちとしてチップを渡すと良いですね。

Q:移動手段は何ですか?

A: 電車が無いセブの交通手段は車になります。
タクシーはメーター制で基本料金は最初の350mが40ペソ(約110円)、以後100mずつ3.50ペソ(約10円)ずつが加算されます。リゾートホテル近くに待っているタクシーは観光客ならメーターを使わずに走り出すドライバーもいますから、乗車と同時にしっかりメーターを使うようにリクエストして下さい。但し夜やマクタン島の外れにあるホテルへは、下車後に次のお客さまをタクシーが見込めないので値段交渉になる場合も多いです。車が走り出す前にいくらでいけるか確認してください。

ちなみにメータータクシーは初乗りはメーター表示が40ペソとなっていますが、燃油価格の変動により2015年現在、メーター料金マイナス10ペソで利用することができます。しかしながらこの10ペソの割引を行わないタクシー運転手が多く、また10ペソの割引を申し出るとトラブルになることも稀にあるようですので、30円弱の割引に固執して安全を疎かにしないことをおすすめします。

マクタン島からセブ市内の各ショッピングモールへはメータータクシーの場合250~300ペソ(約675円〜810円)程度で行くことができます。

交渉がわずらわしい方にはホテルカーや旅行社が手配するレンタカー(運転手付き)が便利です。値段はタクシーと比べてやや高めですが行き先で料金が決まっていますし、時間で借りることも出来るので予算に合わせて手配が可能です。運転手の身元もはっきりしているので安心です。PTNトラベルでもセブ島・マクタン島での普通車やバンの貸し切り手配を行っておりますので、お気軽にご連絡ださい。日本語ガイドを胎動させることも可能となります。
ジプニー(乗り合いバス)やトライスクル(乗り合い3輪オートバイ)は治安と安全管理上、観光客が利用するのはお勧めできません。

レンタカーは運転手付きが基本になります。探せばレンタルバイクなどもありますが、交通マナーが良くなく、事故が日本に比べると多いため、仮に国際運転免許証を保持されている方であってもご自身での運転はお勧めしません。

Q:ネット環境は?

A:高級ホテルではホテル全域でWiFiが使えます。中・小ホテルではロビーのみWiFiが使えることが多いです。ホテルによっては有料WiFiのホテルもあります。またセブ市内のショッピングモール、レストラン、マクタン島にもあるコーヒーショップでは多くの場合無料でWiFiが使えます。

セブ島・マクタン島への観光の際には、海外での携帯電話の利用を控えて機内モードなどに設定される方が多いかと思いますが、Wi-Fiを利用することによって海外通信料なしで日本との連絡を取ったり、セブの情報検索を行うことができます。

Q:国際電話のかけ方

A:ビジネスセンターのあるホテルではそこから、ないホテルでは専用の電話から日本に国際電話がかけられます。お部屋からでもオペレーターを通してかけられることもあります。ホテルによって電話の操作方法が異なる場合がございますので、詳しくはホテルのフロントデスク等でご確認ください。

例)東京03(1234)5678に掛ける場合

国際識別番号-日本の国番号(81)-市外局番(※最初の0を取る)-相手の電話番号

00-81-3-1234-5678

Q: ビザは必要?

A:観光目的の30日以内の滞在ならばビザは不要です。ただし、パスポートの残存期間が6ヶ月以下は入国できないので旅行前に確認してください。観光でフィリピンに入国される場合は、フィリピンから出国できる国際線航空券を所持していないと、入国を拒否されます。

Q: WEG(入国拒否の条件不適用の証書)について。

A: 15歳未満の子供のフィリピン入国には、両親もしくはどちらかの親の同行が必要となっています。どちらも同行できない場合は、フィリピン出入国管理局法令に規定されている「入国拒否の条項」を適用しない旨の証書=「Waiver of Exclusion Ground(通称:WEG-ウェグ)」を取得しチェックイン時およびフィリピン入国時に提示する必要があります。

Q:入出国カードとは?

A:入国、出国審査の際に、パスポートとともに提出を求められるカード。入国カード(税関申告付き)はフィリピン行きの機内で配られるので、税関申告書とともにあらかじめ記入を済ませておきましょう。また、出国カードは帰国時のチェックインカウンター、もしくは出国審査所で入手できます。こちらも出国審査の前に記入を済ませておきましょう。

Q:帰国日の空港税はいくらですか?

A: 直行便は1名様当たり750ペソとなります。経由便利用の場合は、チケットに空港税が含まれているため、支払いの必要はありません。空港税の支払制度は、比較的頻繁に変更が行われていますので、出発前に再度確認したり、お申込みの旅行会社に問い合わせてみると安心です。

空港税はペソ以外の通貨で支払えないため、直行便利用の方で空港到着時に750ペソを持っていない場合は両替を行う必要があり、空港のレートはセブ市内よりも悪いためやや損をしてしまうことがあります。従ってセブでの観光中に両替を行った場合には、まず750ペソを分けて最終日にとっておくと良いですね。

空港税の支払いは各航空会社のチェックインカウンターでチケットが発行された後、出国手続きを行うカウンターの前にあります。

Q:免税店はありますか?

A:空港(24時間営業あり)、セブ市内ホテル(ウォーターフロント・セブ)、ショッピングセンター(SM・シューマート)にありますが、ヴィトンなどのヨーロッパ系ブランドの衣料品等のショップはあまりありません。お酒やたばこ、現地や海外のチョコレート等簡単なお土産がメインになります。

免税の範囲は、酒類2本まで、煙草400本(or葉巻50本orパイプ用250g)まで。海外市価の合計がUS$350までの持込品。フィリピン通貨の持込み、持出しは1万ペソまでになります。また、マンゴーやパイナップルなどの生のフルーツは、手荷物にも預け荷物にも入れられませんので特に注意して下さい。さらに、100ml以上の液体は手荷物では持って入れないので、必ず預け荷物に入れるようにしましょう。

Q:お薦めのオプショナルツアーは何ですか?

A:年間を通してセブ・マクタン観光で1番人気を争っているのはアイランドピクニック(アイランドホッピング)ボホール1日観光です。

観光地を巡るツアーではセブ市内観光マクタン島めぐりナイトシティーツアーなどが人気。

 

海でのアクティビティーはジンベイザメスノーケリングツアージンベイザメ・スミロン島ツアー体験ダイビング&アイランドツアー等がある他、近年ではウミガメツアーも人気が出てきています。

また海に関連するマリンスポーツでは、マリンパックシャングリラビーチツアーも人気となっています。もちろんマリンスポーツは個別にもお申込み可能です。

他にもニューハーフショーゴルフカワサンフォールなどセブ島ならではの定番、また癒やしを求めてセブ・マクタンの伝統的なスパでのマッサージを受けられる方が多くいらっしゃいます。現地では女性だけでなく、男性も気軽にマッサージを受けられる文化です。

ビーチもシティーも味わえるのがセブの魅力ですね!

Q:セブ島(マクタン島)では、どこのホテルがお薦めですか?

A:施設が充実しているデラックスホテルがおすすめです。
また、同行者(メンバー構成)や予算によりおすすめのホテルも変わります。
代表的なホテルをご紹介しますので、各リンク先にて詳細をご確認下さい。

・家族連れ
Jパークアイランドシャングリラ・マクタンプランテーションベイ

・カップル
プルクラシャングリラ・マクタンクリムソンマルコポーロ

・女性同士
プランテーションベイマリバゴブルーウォーターコスタベリアムーベンピック

・男性同士
ウォーターフロントセブウォーターフロントエアポート
※両ホテルにはカジノあり

・格安ホテル希望(ホテルでの時間はほとんど過ごさない方にもおすすめ)

マクタン島内:セブマリンアネモネリゾートマクタンペンション

セブ島内:ノースウィンズオーチャードセブ

Q:買い物はどこがお薦めですか?

A:セブの2大ショッピングモール「シューマート(SM)」、「アヤラセンター」がお薦めです。

・シューマート(SM):アヤラに比べると少しリーズナブル。中にはデパートをはじめ、スーパーマーケット、レストラン街、専門店、免税店、スパ・マッサージから映画館、ボーリング場まで揃っています。セブ・マクタンの現地の方々にも人気の高い総合商業施設。建物の構造が長方形なので現在位置がわかりやすく、快適にお買い物ができます。

・アヤラセンター:セブ・ビジネスセンターに位置します。シューマートが庶民的なデパートなのに対して、アヤラセンターは少し高級志向。専門店、民芸品店、レストラン、映画館のほか、デパートメントストア―も入っています。大きなレストラン街もあり、多国籍料理が食べられます。ゆっくり落ち着いて買い物を楽しみたい人はアヤラがお勧めです。2014年には新館がオープンし、欧米のファストファッションや日本のダイソー、無印良品なども進出してきました。

また、マクタン島には「ガイサノグランドモール」、「ガイサノマクタン」、「マリーナモール(セーブモア)」の3つのショッピングモールがあります。セブの2大ショッピングモールに比べると小さいですが、スーパーマーケットがあり少し買い物するくらいなら十分です。セブ島に出るためには少々時間がかかってしまいますが、ドライマンゴーなどの定番土産ならマクタン島のモールでも十分購入できます。

・ガイサノグランドモール:マクタン島に新しくできたガイサノグランドモール。ちょっとしたお土産だったらここで十分揃います。ローカルレストラン、ローカルファストフードもあります。

・ガイサノマクタン:昔からあるガイサノマクタン。スーパーが大きく、品ぞろえも豊富。ローカルレストラン、ローカルファストフードもあります。

・マリーナモール:マクタン島の空港から3分程にあるショッピングアーケード。多くのお店が入っている他、スーパーマーケット(セーブモア)もあります。またスターバックスコーヒーがマクタン島で唯一ここにだけあります。

Q:ビジネスアワー

A:デパートやレストラン、スーパーマーケットなどは毎日営業していますが、銀行、郵便局、航空会社などは一般的に週5日制です。 銀行は9:00~15:00、スーパーマーケットやデパートは10:00~21:00、バーなどは夜遅くまで営業しています。

Q:ホテル(マクタン島)の近くで食事は出来ますか?

A:マクタン島に「マリーナモール」というモールがございます。(空港から車で3分)
そのモールにはフィリピン・イタリアン・タイ・韓国レストランなどが入っていますので、マクタン島のリゾートホテルからセブ市内に行かなくても気軽に外食が楽しめます。また、モール内にはスーパーマーケットも入っていますので、ドライマンゴーなどのお土産もご購入頂けます。

またマクタン島マリバゴエリアにある「マリバゴグリル」は現地でも非常に有名なフィリピン料理レストランです。ネイティブの雰囲気を再現したレストランで提供されるグリル料理とマンゴーサラダには定評があります。

Q:お土産は何が有名ですか?

A:一番人気は「ドライマンゴー」です。日本でも有名な7Dだけでなく現地には様々な会社のドライマンゴーが売られています。また「OTAP(オタップ)」も有名です。OTAPはうなぎパイのようなサクサクした食感のお菓子です。

ボホールのお土産としては、チョコレートヒルズの形にそっくりの「ピーナッツキッス」やココナッツ・お米・ブラウンシュガーを練ってココナッツの殻に入れた「カラマイ」という餅菓子が有名です。

近年ではドライマンゴーにチョコレートをかけたお菓子や、ドライココナッツ、ドライパイナップルなどのバリエーションも増えた他、日本で人気が高まっているココナッツオイルなども人気のおみやげになっています。

Q:クレジットカードは利用できますか?

A:中、高級ホテルや、レストラン、免税店では、VISA・マスターをメインにJCB・アメリカン・エクスプレス・マスター・ダイナースなどのカードが使用可能な店舗が多いです。また街のあちこちでATMを見かけますが、多くのATMは24時間使用可能です。お持ちのクレジットカードによってはATMで、フィリピン・ペソのキャッシングも可能です。

但しクレジットカードを使用する場合、店舗によっては銀行手数料が5%-7%程度加算される店舗もあるので事前にご確認下さい。

Q:たばこは吸えますか?

A:ホテルの喫煙ルームは少なくなってきましたが、部屋のベランダや喫煙所などでの喫煙は可能です。また、ホテルの外ではほとんどの場所で喫煙所が設けられております。セブ市内のレストランでは喫煙ルールが近年厳しくなっており、バーなどでも店内禁煙になっている場合もございますのでご注意下さい。

 

その他セブ島・マクタン島に関するご質問がございましたら、
以下の連絡先へお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

メール  info@ptn.com.ph
電話     050-5539-5122
Skype     ptn2003
LINE       ptntravel

セブ・マクタンでの団体旅行が大成功になるよう、
皆様からのご連絡をお待ちしております!