ローカル感たっぷり!フィリピン流BBQ♪

2016年11月04日 By: ptnadmin

先日ラシアン(セブ島)にあるローカルフードを食べてきました。写真はその時に撮ったものです。見てお分かりいただける通り、日本の焼き鳥に似たものと考えれば、イメージが湧きやすいと思います。 こういった料理を提供する店はフィリピンに多くあり、現地の人は「バーベキュー」と呼んでいます。ほとんどの店が露天構造で、モクモクと煙を上げているため、皆さんでもすぐに見つけられるはずです!

注文の仕方ですが、並んでいる生肉や魚、野菜などご自身で好きなものをチョイスします。定員さんにお願いすることもできますが、私は現地スタイルに挑戦!自分でお皿に好きなものをヨイショと。笑  あとは定員さんに渡すと焼いて持ってきてくれるシステムです。「自分で焼かないんかい!!」とツッコミたくなるところですが、そうなんです。。。フィリピンでのバーベキューとは、基本的に焼かれたものをただ食べることを言います。ですので、日本のように自分たちで焼いて、工程も含めてワイワイ楽しむバーベキューとは別のものだと考えてください。

肝心の味についてですが、美味しいですよ~♪ただ、1パターンだと飽きが来てしまうかもしれません。そんな方にお勧めなのが、お店で用意されている醤油、お酢、唐辛子などの調味料を組み合わせて特性ソースを作ることです。現地の方はみんなやっていますが、なかなか美味しい!!(唐辛子の入れすぎには注意してください)

フィリピンのローカルな雰囲気を感じられるバーベキュー、皆さんもいかがでしょうか? ご興味がある方はぜひ一度チャレンジしてみてください。それではまた。