味、雰囲気、サービス共に最高級。地中海系カリフォルニア料理の「abaca(アバカ)」へ行ってみました!

2013年01月08日 By: dlpadmin
  ブは日本と比べると物価が安いです。 例えば500ml のお水は10ペソ(約20円)~タクシーの初乗りは40ペソ(約80円)~です。 とても安く感じますね。 しかし、セブにも日本と同じくらいの料金のホテルレストランもあります。 今回はセブにある高級レストランのひとつをご紹介したいと思います。   それが「abacá boutique resort restaurant (アバカ ブティック リゾート レストラン)」です。 アバカ レストランはabacá boutique resort(アバカ ブティック リゾート)内にあります。   アバカのホテルは数部屋しかない高級リゾート。ホテルに泊まっているお客様はもちろんですが、アバカ宿泊者以外の人がこのレストランを利用することが多いです。   こちらがレストランの入口。   店内は海風が通り抜ける気持ちのいいオープンエアーのダイニングルーム 少し暗めですが、高級な雰囲気が漂っています。   ここアバカでは、オーナー兼シェフでもあるJason Hyatt氏による地中海系カリフォルニア料理が楽しめます。彼はアメリカの有名レストラングループ出身で、約20年にわたり世界各国で経験を積んだベテランのシェフなんです! またアバカ レストランは完全予約制のレストランです!予約なしではレストランに入れないので、事前に予約をしていきましょう。   席に着くと、既に人数分のお皿やグラスがセットされていました。 こちらはひざかけナプキンですが、貝を使って可愛くデコレーションされていました。   飲み物を決めたあと、ひとりひとりにメニューが配られます。メニューは写真なしですべて英語なので、何がいいか迷う人はお店の人にお勧めを聞いてみましょう!   料理を待っている間にパン飲み物やってきました。 この自家製のパンはオーブン釜で焼いているそうなので、まだ柔らかくとても美味しかったです。パン好きの私は買って帰りたいと思うほどでした!   またアバカには世界各国のワインやカクテルが用意されています。ワイン好きの人にはたまりませんね。もちろんフレッシュジュースやコーラなどもありますよ。       私たちが今回オーダーしたのはこちらの品々。   「アバカサラダ」・・・約500ペソ(1000円程) 自家製農園で栽培されたオーガニックのハーブや野菜をふんだんに使ったサラダです。   「マルゲリータ・ピザ」・・・約500ペソ(1000円程) ピザも先程のパンと同じオーブン釜で焼き上げているそうなので出来立てでした。四角い形、少し珍しいですね。   「ホール ローストチキン」・・・約1500ペソ(3000円程) 店員さんがひとりひとりに取り分けてくれます。 ハッシュドポテト付きです。   他にも自家製麺のパスタお肉料理などのメニューがあります。   そしてアバカはデザートも有名です! 今回オーダーしたのは「レモンチーズケーキ」・・・約200ペソ(400円程) とても美味しかったのですが少し量が多かったです。2人で一つくらいがちょうどいいかもしれませんね。     レストラン内には海に面した席もあるので、海を眺めながらお食事を楽しむことも出来ます。     ウェブサイトではメニューのチェック出来るので、ぜひ見てみてください。 http://www.abacaresort.com/   レストラン名:abacá boutique resort restaurant (アバカ ブティック リゾート レストラン) 住所:Punta engano road, Mactan Island, Lapu-lapu City (シャングリラマクタンリゾートから約500m先右手) 電話番号:+63-32-495-3461 営業時間:ランチ:11:00-14:00、ディナー:17:30-23:00   日常では中々味わうことができない贅沢な味、高級な雰囲気、最高のサービスを思う存分満喫してくださいね!   (SHIHO)