TOP » スタッフブログ » セブのフルーツ売店で新鮮フルーツを食べてみました。

セブのフルーツ売店で新鮮フルーツを食べてみました。

2017年07月07日 By: ptnadmin

皆さんこんばんは。

日本はもうすでに夏本番かのように暑い日が続いているかと思います。 一年中常夏のセブ島では、ほぼ毎日が夏日と言え、根中小対策として水分補給は欠かせません。 熱中症対策にはお水も欠かせませんが、汗で塩分は同時に排出してしまうので、糖分や塩分も摂取が必要ですよね。

フルーツは特に外で働く人たちは熱中症対策に水分や糖分も取れるので、一石二鳥ではないでしょうか。 もちろん屋内で働く筆者にも、欠かせないおやつの一つです。

そんな中、セブのマクタン島では至る所にさまざまな新鮮フルーツが販売されている売店があります。 筆者の家の近くにもあり、お昼ご飯の時に良く購入しております。 スナック感覚で食べる方が多く、リンゴやバナナはそのままでも食べられるので必要はありませんが、 大きなフルーツや皮をむいて食べられないものは、写真のようにカットしてそれをビニール詰めして販売されてます。

今回はスイカが売り切れだったので、リンゴ、パイナップルに加え、アップルマンゴーを購入しました。 屋外で販売しているから生ぬるいのでは、と思う方もいらっしゃいますが、クーラーボックスに入っているため、 冷えているのでその場で食べたもおいしいです。

特に人気なのがスイカやパイナップルで、丸々一つを購入してもすべて食べきれないので、 こうして、ばら売りされていると一つを買わなくてもいろんなフルーツが同時に味わえます。 日本ではちょっぴり珍しい販売方法ですが、セブでは一般的で、ローカルの人たちに人気なフルーツの売店。

皆さんもぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。