フィリピンのおやつ、タホに挑戦してみよう!

2017年02月08日 By: ptnadmin

フィリピンのおやつといえばどのようなものを思い浮かべますか?ハロハロは有名ですが、ブコパイ、エンサイマダ、バナナキューなどなど日本ではお目にかかれない面白いおやつがたくさんあります。今回筆者は「Taho(タホ)」に挑戦しましたのでご紹介したいと思います。

皆さんはタホをご存知でしょうか?タホとは豆腐+サゴ(フィリピン風タピオカ)+黒蜜シロップをかけたものです。この3つを混ぜ合わせて出来上がりです。豆腐は温かくて甘く、ストローを使うので食べるというより飲むという感覚が近いかもしれません。
タホは路上で買うことができます。バケツを持ったおじさんが「タホ~、タホ~」と大きな声で言いながら販売していますので見つけた際は一度試してみてください。ちなみに筆者はマクタンニュータウンでタホおじさんを見つけ購入しました。購入したらプラスチックのカップに入れてくれるのですが、料金は小さいカップで10ペソ(約23円)、大きいカップで20ペソ(約46円)とお手軽価格です。

DSC_1647-a

おやつと言ってもフィリピンの人たちは朝食として食べたり、朝食後のデザートとして食べたり朝食べるのが一般的ですね。つるっと入る食べ物なので朝時間がない時はいいかもしれませんが、日本人は朝から甘い食べ物は食べれないという方も多いと思いますので日本人向けではないかもしれません。ただ、小腹がすいたときや疲れた時食べるのであればぴったりだとは思います。
フィリピンの定番おやつのタホ。物は試し、フィリピンの朝食文化に興味のある方は一度お試しになられては如何でしょうか。