所有時間: 8時間30分
遂行最小人数: 2名

※ツアー代金はUS$ または日本円、現地通貨ペソでの支払いが可能です。
※2名から催行のツアーでも他から予約があれば1名でもご案内致します。
※2つ以上のツアーをご予約頂ければ(本ツアーを含む)割引き致します。
※プルクラにご宿泊のお客様はお1人様 往復$35、アレグレビーチリゾートにご宿泊のお客様はお1人様 往復$45が発生致します。
子供料金4歳以上12歳未満 $45

フィリピン伝統のアクティビティーが盛りだくさん。現地ローカル気分を味わおう!!

セブの異文化を体験してみましょう。このツアーは由緒ある寺院や大富豪の旧家を訪ねたり、ローカル市場で地元のお土産を買ったりとローカル気分を満喫。アクティではココナッツワイン試飲に牛車にまたがってみたり、3輪乗り合いオートバイ体験、さらにバスケット作り(自分で作ったバスケットは持って帰れます。)と盛りだくさんの内容にきっと満足いただけると思います。セブから南へ向かうこと1時間半にありスペイン統治時代の名残があるカルカルという町を訪ねます。ツアー終了後はセブのカントリーサイドでのたくさんの経験やアクティビティーが良い思い出になること間違いなしです。日本とは全く違ったセブの異文化をぜひ体験してみてください。

「カラバオ」と呼ばれる水牛はフィリピン国内で非常に大切にされてきた生き物で、農業の現場で活躍するだけでなくその存在自体が他の生き物とは異なると認識されています。トライシクルは観光で訪れるだけではなかなかなるのは難しいのですが、訪れる方々に安心して体験していただくために専用のドライバーさんが準備して皆様をご案内いたします。最も人気のカゴ編み体験は自然の素材から作られる手作りのカゴがどのような工程まで製作されているかを知ることができるだけでなく、実際にそれを自分たちで作成しお土産とすることができます。東南アジア雑貨として日本で売られているものが、手編みで作られている様子を見ることができる貴重な体験になるでしょう。セブ島ビーチリゾートとして非常に有名ですが、その一方でまだまだ田舎の良さも残している島であり、ぜひその両面をお楽しみいただければと思います。

ツアーの流れ

ホテルお迎え (滞在ホテルにより時間は前後致します。)


08:00

セオトコス寺院 見学


09:30

バライ・ナ・ティサ 見学(外観)


10:15

カルカル 市場 見学 


11:00

ランチ (ローカルグリル フィリピン料理)


11:45

田舎体験(ココナッツワイン「トゥバ」試飲、牛車体験、3輪乗り合いオートバイ、トライスクル体験)


13:00

出発


15:30

ホテル着


16:30過ぎ

ツアーの詳細

c1-country-side

観光

最初に「セオトコス寺院」と言う寺院を見学いたします。ここはフィリピン人にはとても有名な寺院で、小高い場所にある寺院から太陽を見たら、まるでダンスを踊っているように太陽がゆれて見えたという逸話「ダンシングSUN」で有名になったところです。又、この寺院には「Theotoks icon (由緒あるイコン(聖像)」が飾ってあることでも有名です。又、「バライ・ナ・ティサ」と言われている、築100年前後の屋根瓦の家を見学します。スペイン風の旧家で、アメリカ占領期に砂糖やココ椰子の需要が高まった時代にその輸出をしていた農園者の富豪が立てた屋根瓦のスペイン風豪邸です。次はカルカル市場を訪ねます。山盛りに盛られた野菜や豚の丸焼きはフィリピンではご馳走でお祝い事には欠かせないものです。ここカルカルはこの豚の皮を油で揚げたおつまみ「チヤロン」が有名な町。日本で言えば「大阪のたこ焼き」みたいなもの。

c2-country-side

アクティビティー

昼食はローカルグリルでフィリピン料理のランチになります。地元の雰囲気をお楽しみ下さい。
メインの田舎体験では、ココナッツワイン「トゥバ」をお試しいただけます。現地の人は酔うためではなく、健康のために飲む「フィリピン版養命酒」といった感じだそうです。
次は牛車に乗れます。ここの牛はどちらかといえば水牛タイプ。現地の人はこの水牛を使って畑を耕すそうです。竹で作った大八車のようなところに乗せてもらい、のんびり牛に引かれて散歩をお楽しみ下さい。牛車を降りて次にフィリピン版乗り合いオートバイ「トライシクル」を体験します。バスケット作りの体験。椰子の木の葉っぱの芯の部分はとても丈夫で弾力もあります。その芯を乾燥させたものを使い、バスケット作りにチャレンジして下さい。自分で作ったバスケットは持って帰れます。