セブ島情報

【カモテス島】片道たったの1時間半!マクタン島から日帰りでキレイな離島へ行こう♪

2019年08月27日 By: Reon


カモテス島はセブ島から高速船で約2時間ほどの場所にある自然豊かな楽園です。 特に海はとてもキレイで、すぐにでも飛び込みたくなるような、透明度を誇ります。 また、真っ白なホワイトビーチが広がることでも有名で、まさに日本人好みの南国リゾート感を体感することが出来ます。

そんなカモテス島ですが、今まではマクタン島から向かうにはセブ市内から出港する高速船を利用する必要がありました。そのため、マクタン島からだと陸路でセブ市内まで1時間半かけて移動し、さらにそこから高速船で2時間をかけてようやくカモテス島に到着するという不便さがあったのです。

しかし!2018年の4月からマクタン島-カモテス島の船が運行をはじめました。 その船を使えば、所要時間は1時間半ほどで到着します。さらに、セブ市内までの移動がなくなるので、全体では3~4時間近い移動時間を短縮することが出来るようになりました。

船が出発する港はマクタン島内のセブヨットクラブの横にある船着き場です。

朝の出発時間は8時でした。船の座席はエアコンありと無しに分かれていますが、エアコン有りは早めに行かないと席が取れないので、遅くとも30分前には到着するようにしましょう。
値段は片道350ペソでした。

■日帰りカモテス旅行 おすすめスケジュール

カモテス島には9:30頃到着します。帰りの船の時間は16:00となっていて、30分ほど前には港に到着するようにしましょう。 島内には6時間ほどの滞在となりますが、十分楽しむことが出来ます。 私のおすすめスケジュールをご紹介します。

☆カモテス島日帰りスケジュール
8:00 マクタン島港出発
9:30 カモテス島到着
9:45 ティムボ洞窟
10:45 ホワイトビーチ トランアイランド
13:00 昼食(サンティアゴベイリゾート)
14:30 ブホロック 飛び込みスポット
15:30 カモテス島内 港到着
16:00 カモテス島出発
17:30 マクタン島内 港到着

■カモテス島での交通手段

カモテス島はタクシーは走っていません。主な交通手段はオートバイ、サイドカー付きのバイク、ジプニーの3種類です。もちろん、人数によって制限があるので、大人数のときは必然的にジプニーを選ぶことになりますが、1〜2名の場合は、圧倒的にオートバイがおすすめです。

ドライバー付きもありますが、セルフドライビングの場合は一日500ペソ〜2人乗りバイクをレンタルすることが出来るので、とてもリーズナブルで便利ですよ。

■トランアイランド

トランアイランドはカモテス島から更に5分ほど小型ボートに乗っていける小さな島です。

真っ白なホワイトビーチが広がり、海の透明度はとても高いです。シュノーケリングも楽しめるので、光景を見るだけでも行かれると良いでしょう。

■サンティアゴベイリゾート

サンティアゴベイリゾートはカモテス島を代表する高台にあるホテルで、目の前には真っ白な広いホワイトビーチが広がります。このホテルはレストランのみやデイユース利用も出来るので、ご飯を食べて休憩をとる場所としてはとてもおすすめです。

■ブホロック

カモテス島の人気アクティビティといえが「飛び込み」です。ここでは三段階に別れた高さのジャンプポイントから真っ青な海へ飛び込みをすることが出来ます。 スリルは十分なので、スリルを求める方はぜひ立ち寄ってみてください。

カモテス島での過ごしからは、バイクで島の雰囲気を楽しみながら、自然が作り出した絶景を楽しんだり、ゆっくりと時の流れを楽しむというのが一般的です。 そのため、スケジュールは念の為組んでおいた方が良いですが、あまり時間は気にせずに気に入った場所を楽しむような気持ちで行くのが良いでしょう。

(REON)