セブ島情報

セブ島で「ジップライン」を楽しもう!

2020年08月19日 By: YUTO


ジップラインとは海外で有名なアクティビティで近年は日本でも体験できる施設が増えているようです。

ジップラインとは

ジップラインは「フランス」発祥のアクティビティですが、地域によっては古くから荷物を運ぶ道具として使われていました。

そんなジップラインですが、現在は世界中で人気が上昇しているアクティビティであり、空中から絶景を見下ろしながら滑空するとスリルはありますが、爽快感を味わえます。

ジップライン中は安全装置としてハーネスとヘルメットを付けているので、落ちることもありません。

そんなジップラインをセブで楽しめる場所は二か所あります。

2箇所とも全く違う雰囲気でジップラインが楽しめます。

パパキッズ

パパキッズマリーナ&フィッシングラグーンでは全長800mのジップラインを楽しむことが出来ます。セブから1~2時間ほどの距離にあるパパキッズは大自然に囲まれた中にあり、空中からその大自然の様子を見ながら、颯爽と駆け抜けることが出来ます。

日本で最長のジップラインは千葉県にあるFOREST ADVENTURE TARZANIAのジップラインで、長さは445mです。

なのでパパキッズのジップラインでは日本では経験できない長さのジップラインを経験する事が出来ます。

パパキッズでは自己責任になりますが、スマホやゴープロなどを撮影しながら、ジップラインを楽しむことが出来ます。

絶景の景色と共に思い出の写真や動画をカメラに収めてみてはいかがでしょうか。

パパキッズはジップライン以外にも、釣りや乗馬、ボルダリングなど様々なアクティビティに参加する事が出来ます。特にお子様連れのご家族には人気なアクティビティスポットとなっております。

パパキッズでは釣った魚を1キロ200ペソで持ち帰ることも出来ます。

営業時間:8:00~18:00

住所:6002 Silot Bay, Liloan, 6002 Cebu

クラウンリージェンシー

クラウンリージェンシーでは40階建てのホテルとホテルの間をジップラインで駆け抜けることが出来ます。この高さはセブで一番の高さなので、ジップラインの長さはわずか40mほどですが、その時間はセブの夜景を1人占めすることが出来ます。

またクラウンリージェンシーではジップラインだけでなく、エッジコースターか好きな方を楽しむことが出来ます。

エッジコースターはまさにスリル満点のアクティビティで、最大55度の角度が付いた「ライド」にのりビルの周りを一周します。

55度も角度が付いた時には安全装置が付いているとはいえ、ビルから落ちそうなスリル感が味わえます。

またセーフティーレバーも足だけの固定になるので、そのスリル感も倍増します。

高いところが好きで、スリルを味わい方にオススメのアトラクションになっております。

営業時間:平日14:00 〜24:00  土10:00〜26:00  日10:00~24:00

住所:6002 Silot Bay, Liloan, 6002 Cebu

まとめ

いかがでしたでしょうか。

セブから1~2時間程離れた位置にあるパパキッズでは大自然の中全長800mものジップラインで爽快感を感じる事が出来、クラウンリージェンシーセブでは雑踏としたホテルやビルが立ち並ぶセブの中心地の上空を駆け降りる事でセブの夜景を楽しむことが出来ます。

自分の興味の沸いたジップラインツアーに参加してみてはいかがでしょうか。

お昼に時間が空いているならパパキッズ、夜に空いているならクラウンリージェンシーセブという決め方でもいいかもしれませんね。

ユウト