セブ島情報

セブ最大のお祭り「シヌログ祭り」とは

2020年01月17日 By: SHIHO


シヌログ祭り(Sinulog Festival)は、セブ島最大またフィリピン最大の祭りとも言われています✨

こちらのお祭りは、毎年1月の第3日曜日に開催されているお祭りです!

世界中から約100〜300万人もの人々が訪れるフィリピンでも有名なお祭りです。

 

今年のシヌログ祭りは、明日スタートします!

せっかくセブに旅行に来るなら一度見てみたい!という方も多くのでは?!

そんなシヌログ祭りをご紹介したいと思います。

 

スヌログ祭りとは?

サントニーニョというキリストの子供時代を模した人形を称えるお祭りです。

上記写真のようにフィリピン全土から地区単位や学校単位でダンサーが参加し、

道でシヌログダンスを踊りお祭りを盛り上げます!

 

サントニーニョとは、1521年に世界一周を初めてしたと言われているフェルナンド・マゼランが

セブの人々をキリスト教を布教した際に、当時のセブ島の王様フマボンと女王に贈られた人形です。

※初めて布教した場所が現在のマザランクロスがある場所です。

 

マゼランは、その後当時のマクタン島の王様ラプラプ王と戦い戦死しました。

その後もスペインは、フィリピンを植民地化しようと試みますが、

フィリピンの人々に反対をされます。

 

そこでスペイン人は、セブの街に火を放ち町はほぼ全焼状態となってしまいました。

しかし、そんな中、サントニーニョの人形だけは無傷で見つかtたため、

サントニーニョは奇跡の人形としてセブの人達に崇められるようになりました。

 

 

サントニーニョ像は現在どこにある?

現在サントニーニョ像は、サントニーニョ教会内にあり、見ることができますが

多くの人が列になっています。長い時では1時間ほど時間を所要する場合も。。。

 

サントニーニョ教会は、ミゲル・ロペス・デ・レガスピによって建てられた教会で

フィリピンのキリスト教の発祥地となっており、カトリックの聖地となっております。

 

そんなシヌログ祭りですが、2020年1月の第3日曜日は19日。

そのため、クライマックスのグランドパレードは1月20日に開かれます!

1月17、18日には、沖合でボートのパレードが開催されます✨

 

注意点

1、交通規制

セブ市内のパレードのルートは全ての車両が立ち入ることができません。

また交通規制に伴い、規制されていない道が非常に混み合います。。。

セブ島の市内観光なども催行されないことが多いので注意してくださいね!

 

2、全ての携帯電話回線が停止

シヌログ祭りは、メインパレードの日はパレードのルートの周辺地域の携帯電話の電波が

停止されていました。去年2018年は、マクタン島は、一部の携帯電話回線は使用可能でしたが

2020年も回線の停止が予想されます。

テロリストが携帯の電波を利用して爆弾の起爆装置を作動させるのを防ぐためと言われています。

 

 

まとめ

お祭りには、多くの人々が集まりますので携帯電話などには十分注意しましょう!

また、世界的にも有名なお祭りを一度体験してみてはいかがでしょうか。

公式サイト https://sinulog.ph