セブ島情報

フィリピンの牛乳は常温保存だけど大丈夫なのか?

2020年05月23日 By: Shiori


フィリピンの牛乳は常温保存

フィリピンで牛乳を買うときに必ず驚くのが牛乳が常温保存されていること。しかも賞味期限が半年以上も持つものがほとんど!

日本じゃ考えられないし、一年中暑いフィリピンで牛乳が常温保存で大丈夫なの?と誰もが疑問に思うと思います。

飲みたいのに怖くてなかなか買えないでいる方もいるのではないでしょうか?

今回はフィリピンの牛乳がなぜ常温保存で大丈夫なのかご紹介させて頂きます!

ロングライフ製法

長期の常温保存が可能ということは保存料など使ってるのではないかと不安ですよね?

秘密はフィリピンの牛乳パックにあるんです!

その牛乳パックにロングライフ製法という特殊な技術が隠されていました!

まずは牛乳パックの違い

日本の牛乳パックは紙のパックでできています。なので長期で常温保存はできません。

しかしフィリピンの牛乳パックには、「真空パックとなっており、光や空気を遮断する作りになっている。」「超高温瞬間滅菌という方法を使って菌を排除させる作りになっている。」

この2つの方法がロングライフ製法と言って、日本でもよく使用されているそうです。他にもレトルト製品やミルクの入ったチョコレートドリンクなどがあります。

この方法で長期で常温保存を可能となっているそうです!

注意!

フィリピンの牛乳を購入する際、そして開封した後に必ず注意することがあります!

☆開封後は必ず冷蔵庫で保存すること。

☆開封後は4.5日で飲みきること。

☆購入時に穴や破損がないか必ず確認すること。

購入時に穴や破損があるとロングライフ製法の意味がなくなってしまっている可能性があります。

購入時はよく見て購入して下さい。

そして一度開封した牛乳パックにはロングライフ製法はなくなります。

開封した後は必ず冷蔵庫で保存をし、5日以内には飲みきるようにして下さい。

筆者も5日以上冷蔵庫に保存していたことがありましたが、匂いがでてきてしまいます。

災害用の非常食にも!

半年以上ももつフィリピンの牛乳は災害時の非常食にもなります!

家に一本はストックがあってもいいのかもしれません!

美味しいの?

フィリピンの牛乳が安全なのはわかったけど、美味しいの?と疑問な方もいらっしゃると思います!

フィリピンは牛乳の種類が本当に多いです!

成分無調整→whole milk

低脂肪→low fat milk

無脂肪→non fat milk

やはり筆者がおすすめするのはwhole milk(成分無調整)のものです!

特におすすめするのがこちら↓!

Nestleのfresh milk!

甘味があって日本人でも飲みやすいかと思います!

Selectaのfortified milk!

こちらも日本の牛乳に近い味です!

二つとも癖がないので飲みやすい!実際に筆者も牛乳を飲む時はこの二つです!おすすめ致します!

いかがでしたか?

フィリピンの牛乳に疑問を抱いている方、きちんと安全なので注意点だけ気をつけて、是非試してみてはいかがでしょうか?

(SHIORI)