セブ島情報

気分が落ち込んでしまったら?! ポジティブな人が多いフィリピン人から学ぶ!

2021年02月09日 By: SHIHO


仕事や勉強に疲れたりしていると気分が落ち込んだり、憂鬱になったりすると思います。生きている中で色んな事が起きるわけですが、落ち込んでいる時にはどのように発散すればいいのかわからない方も多いと思います。

日本は、発展国として知られていますがストレスの多い国としても知られています。海外からは日本は働きすぎなどと言われることもあります。これは日本人の勤勉さからくるもので仕事第一と考えている人もいるからだと思います。

一方で、発展途上国であるフィリピンの人達は貧富の差やストリートチルドレンなどお金もなく次の日の生活がどうなるかわからない人たちもいますが、どちらかと言うと皆ハッピーな人達です。 どうしたら、セブ島の人達のようにハッピーに過ごすことが出来るのでしょうか?

もちろん日本人が実際に貧困に悩むフィリピンの人たちの立場になってしまったら今の彼らのようにハッピーには過ごせないはず。。。ここで彼らが行っている気分転換方法をこちらで紹介したいと思います。

 

1 日本人は幸福度が低い?!

2020年度発表された「幸福度」に関する調査結果ではフィリピン52位、日本は62位との結果が出ています。上位には、上位はほぼ北欧諸国が独占している状態です。

世界でも発展国として知られる日本では、生活する上で不便なことはほとんどないと思います。反面、世界自殺率ランキングで13位に入る日本は、何かとストレスを抱え幸福度が低いように思います。それには日本人のストレスを抱えやすい、または発散ができていないことも一つの原因なのではないかと思います。

しかし、発展途上国であるフィリピンは貧富の差があるのにも関わらず、皆ニコニコ笑って人生を楽しんでいます。あまり小さいことは気にしないで、今を楽しむ日本人にはあまりない「超」がつくほどのポジティブ思考だったりします。

そんなフィリピン人からストレスの発散方法やストレスを溜めない方法を学んでみよう!

 

2 フィリピン流気分が落ち込んでしまった時の対策

2−1 とにかく美味しいものを食べる

木製のテーブルの典型的なスペインのタパス Premium写真

セブの人達は食べるのが大好き。日本人のように食に制限をかけることが少ないです。好きなものを好きなだけ食べる!さらに美味しいものを食べている時のフィリピン人は嫌なことは忘れすごく幸せそうな顔をしています。フィリピン人は、普通の食事でも幸せを感じているんです!

しかし食べることに関しては、フィリピン人のみならず人間が幸福になれる要素の一つが食べ物です。ストレスを感じる時に食欲が減ってしまったり、ダイエットとして食を制限したりすることがあると思いますが、落ち込んでしまった時には好きなものを好きなだけ食べて見てはいかがでしょうか?!

 

2−2 友達や家族に相談する!溜め込まない!

セルフィーを取る低角度のスマイリー友達 無料写真

「一人でいれば居るほど、さらに落ち込んでしまう」というのは人間の自然の感情です。それは日本人だけではなく世界共通のことです。しかしフィリピン人の違うところは、基本的に思ったことや悩みはすぐに相手に共有します。

フィリピンはカトリック教が強いこともあり、家族での付き合いを物凄く大切にしています。悩みなど多くのことを家族に共有します。(これは私がフィリピン人とコミュニケーションをとっている中で1番に驚いたことかもしれません。友人や恋人よりも家族を優先する人が多いほど家族を大事にしています。)また友人や仕事仲間であれば、仕事終わりなどにお酒を嗜みながら悩みなどを打ち明けてくれくれる人が多いです。

日本であれば仲の良い友達にしか悩みを打ち明けられない人もいると思いますが、フィリピン人は比較的に相談することに対してはオープンなところがあるような気がします。

悩みを打ち明けることでお互いの信頼度も上がりますし、自分の悩みを共有することで自分の存在価値を再確認することができるかもしれません。

私は、悩みを溜め込まず打ち明けられるフィリピン人を尊敬していますし、私もできる限りで自分自身のことをオープンに話すことで現地の人たちと絆が深まったと思っています!

 

2−3 起きてしまったことはしょうがないと開き直る

手でokのジェスチャーを示す満足しているとうれしそうな表情で、カジュアルなスタイリッシュな服でまばたきのミディアムの髪の長さで陽気な美しい若いブルネットの少女の肖像画。 無料写真

セブの人達は物凄くポジティブ思考です。「上手く行かなくても、なんとかなるさ」や「しょうがない」で割りきってしまって前向きに次のことへ取り組む能力の高さは非常に高いです!

私も含めてですが、失敗をしてしまうと落ち込んでしまうものですよね。それが大きな失敗であればあるほど引きずってしまい生産性が落ちてしまったりします。しかし、それがどんなに大きな失敗であっても、起きたことは既にどうにもなりません。でもそれで終わりか?と聞かれたらそうでも無く、色んな選択肢が出てくるものです。

失敗を活かして次に進むというのも良し、完璧とは言えないけどベストな方法を考えるのも良し、それでもダメだったらフィリピン人スタイルで「しょうがない」「自分のやれることはやりきった」などと思うことで気持ちが切り替えられて、新しいアイデアが頭に浮かんでくることもあると思います♫

 

2−4 とにかくハッピーになれることを実践する

アジアのシニアカップルはbeach.elderlyハネムーンに一緒にジャンプ退職後非常に幸福です。生命保険を計画します。夏の退職後の活動 Premium写真

これは、何に対しても大事なことですね。

嫌なことを引きずっていても、いいことは起きません。フィリピン人のように「次は大丈夫だろう」、「なんとかなるさ」、「しょうがないね」と考えることも重要なのかなと思います!

実際に日本人がフィリピン人と一緒に働いていると「まぁいっか」「なんとかなるさ精神」が感じられると思います。初めは彼らの考え方を理解するのには時間がかかりますが、実際に自分が悩んだ際には彼らの考え方に救われることがあると思います!

簡単そうに見えて非常に難しいこと。私も小さなことから自分が「ハッピー」になれることを実践しています。

 

3 まとめ

ストレス発散、気分転換といえど、持っている悩みの大きさによってもしかしたら有効ではないかもしれないし、この他にも色々な対処方法はあるとは思いますが、今回ご紹介した物に関してはどれも簡単にいつでも行えるものなので実践してみてはいかがですか?

良い事も、悪い事を経験するのも人生です。完璧には行かなくても、どちらかと言えば楽しめる人生を送ってみたいものですよね!