セブ島情報

【セブお勧め観光情報】これは食べておきたい!おすすめフィリピン料理 5選

2020年05月25日 By: Hiroki


皆さんこんにちは!

セブ島へ来たらこれを食べればフィリピン通!といえるフィリピン料理を

今回は5つ紹介したいと思います。

是非アフターコロナでセブ島に来た時にはチェックしてみてください!

特にフィリピン料理となると具体的にパっと思いつかないことも、
そんなあなたにお勧め!
フィリピンに来たらこれを食べたら間違えなしの料理5選をご紹介します。

パンシット

43df55b8-08e9-4bf2-8216-66a91deb7ff4
フィリピン風焼きそば
カラマンシ―という柑橘系のかぼすのようなものが添えられていて
それをかけて食べるもよし、そのまま食べるのもよしです。
野菜もたくさん入っていて、日本人にも合う味付けになっています。
インスタントのパンシットも販売しているのでお土産にも良いかもしれません。
中にはビーフンも入っているものもあり、とてもおいしいです!

シニガンスープ

9564c5d4-9738-4793-b720-f7cf8f267dc2
シニガンスープはタマリンドを使用した酸味が効いている酸っぱいスープです。
エビのシニガンスープや魚のシニガンスープなどスープの中身も様々種類があり、
様々な味が楽しめます。
フィリピンを代表する料理でもありまして、現地の方はライスに少し浸して食べる食べ方が多いです。
材料はタマリンドをベースしてして作り酸味を出す材料としてはグアバ、カラマンシー、スターフルーツ熟していないマンゴーなどを用いることがあります。
またシニガンスープの素も販売されてますので気軽にフィリピン料理の味を楽しむことができます。
酸っぱいスープなので好みがとても分かれます。
スープによってはすごく酸っぱいものもあるので飲むときはご注意を。。。

シャンハイルンピア

bc72b652-90fa-4c5a-9e81-ee1aa7e8b2b2
フィリピン風の春巻きです。
元々は中国福建料理から長い歴史とともに東南アジアで変化していった食べ物のようでして
こちらもフィリピン料理の代表です。
肉や野菜など中身も日本の春巻きに近く、こちらではチリソースにつけて食べます。
日本の春巻きのように多くはなく、一口で食べられるミニ春巻きなので、スナック感覚で食べることができます。
日本人によっては一番なれている味なんじゃないでしょうか。
通常春巻きにチリソースはつけないですが、ルンピアにチリソースは合います!

カレカレ

6a8bb74b-968d-4cbd-8218-c2fefcf3d622
こちらもフィリピン料理の代表料理の一つでカレカレといいます。
シチューににた料理でピーナッツソースと牛肉、牛テール、野菜などが入っています。
そのまま食べるとピーナッツの香りのみで味がありません。
一緒についてくる、エビのペーストをつけて食べます。
フィリピン人にとってカレカレは国民食でよく食べられています。日本人には少し味がもの足らず、好みが別れるかもしれません。

ハロハロ

6205e858-9885-4269-8505-506a4c051fc9

フィリピンでのデザートといったらやはりハロハロですよね。

ハロがタガログ語で混ざるという意味でハロハロと続けると混ぜこぜにするという意味で名前の通り混ぜ混ぜして食べます。
フィリピンのハロハロはゼリーや豆、紫芋のアイス、コーンフレークなどでできています。

フィリピンを代表するデザートでファストフードや、フィリピン料理のレストランへ行けば必ずといってよい程メニューにあり食べることができます。

いかがでしょうか。
是非フィリピンに来たら試してみてください!

(HIROKI)