セブ島情報

日本風食パン“ICHIPANのラスク”を食べてみた♪

2020年07月12日 By: Aika


皆さん、こんにちは♡!

 

今日はセブ島でもかなり認知度の上がってきているあの“ICHIPAN”のラスクをご紹介します!

いつも食パンではお世話になっている筆者ですが、ラスクやそのほかのパン製品は存じていなく、見つけたときは大変驚きました♡!

 

■そもそも“ICHIPAN”って?

セブ島で唯一日本のパン製造技術を導入して製造している会社で、ローカルではパサパサとしたパンが多いですが、“ICHIPAN”はほんのり甘く、もちもちとしていて本当に日本の食パンと似ています♪

食パンの種類は、一般的な白いふわふわの食パンと、栄養価の高い全粒小麦パンの2種類♪

製造は、セブ島南部に位置する<ナガ市>でされており、そこからセブ市内やマクタン島のスーパーマーケットやコンビニなどへ出荷されています♪

セブ市内などにある某パン屋さんの焼きたて食パンには敵いませんが、スーパーで買える食パンの中では一番だと思います♪

 

そんな“ICHIPAN”が展開しているラスク♪

期待が高まります(*^-^*)♪

 

▶BUTTER CRUNCH -Toasted White Bread- 27ペソ(約57円)

日本で食べるラスクと変わりないくらい、甘くてサクッと軽いラスクです♪

これはおやつに持ってこいですね♡

 

▶BUTTER CRUNCH -Toasted Wheat Bread- 27ペソ(約57円)

小麦の味がそのまま活きていて、さほど甘くなくやさしい味わいです♪

甘さ控えめなものが好きな方は、こちらをおすすめしますっ♪

 

ちなみに・・・

“ICHIPAN”では、今現在、食パンとラスクの他にも、パンデサルというロールパンも販売しており、デリバリーサービスが開始されました♪

セブ在住の日本人にとっては、嬉しいサービスですね♪

詳しくはこちらをクリック♪ (公式Facebook)

 

皆さんも是非、食べてみてくださいね♪

Aika.

 

※トップ画像は、ICHIPAN公式Facebookページよりお借りしています。