セブ島情報

セブで生乳100%使用、天心山(TENSHINZAN)の牛乳を飲んでみました。

2017年09月27日 By: Tetsuya


牛乳やヨーグルトなどの乳製品はカルシウムを多く含んでいるので、日頃の食生活や健康には欠かせないですよね。セブ島では日本同様に新鮮な牛乳を販売して居るお店が少なく、手に入れるのにも一苦労です。筆者は日本在住時は毎日のように牛乳を飲んでいたため、セブではなかなか自分に合う牛乳がなく、悩んでおりました。


IMG20170923113345

IMG20170923112302

そんな中、マンダウエ市内にある、町屋マートまで新鮮な牛乳が購入できるとあって早速行ってきました。それがこちらの生乳100%使用の天心山(TENSHINZAN)の牛乳です。天心山農園はネグロス島にあるフィリピンでが珍しい、乳牛を飼育しております。

日本では農場はもちろん、加工や物流に至るまで徹底に行われているため、スーパーやコンビニなどで新鮮な乳製品を購入することが出来るのですが、フィリピンは加工方法等が違っているため、日本の牛乳とは少し変わってきます。

IMG20170924194135

販売されている2種類の味(味はミルク味とチョコレート味)を購入してみました。サイズは1Lと290MLの2つが販売されております。値段は290MLミルク味60ペソ(約132円ほど)、290MLチョコレート味75ペソ(約165円ほど)です。

飲みやすいだけではなく、生乳100%使用しているからか濃厚さもあり、フィリピンで市販されている牛乳とはまた違った風味があり、美味しかったです。チョコレート味は筆者にはチョコの甘さが少し強く感じましたが、甘い味わいが好きな方にはお勧めです。

前回筆者が紹介しました、カルカル市(Car-Car)からさらに先に行った所のバリリ市(Barili)の道沿いにある小さなお店、ミルクステーションでも新鮮でまた違った牛乳が味わえます。
記事➡http://www.excitecebu.com/2017/07/milk-station/

IMG20170923112553

IMG20170923111631

 

 

 

また、町屋マートでは日本の食品から薬、食器や雑貨等が幅広く販売させれおります。セブ島では日本のお菓子が人気なのか、お菓子のコーナーがやや多く、チョコレートやスナック菓子、どら焼きや大福などの和菓子も販売しておりました。今回の目当ては天心山の牛乳でしたが、日本の食品が恋しくなったり、風邪薬等がなくなった際は購入しに行こうと思いました。

みなさんも日ごろの健康と活力にぜひ飲んでみてはいかがでしょうか。

■町屋マート
住所:Archbishop reyes avenue, cebu cuty
電話番号:032-344- 0355
■天心山農園
2/F #10 Mayfair Place, 12th Lascon St., Barangay7, Bacolod City